爪切りでの深爪が原因で…

私が巻き爪になったのは5年ほど前の事です。

場所は右足の親指でした。ほとんど爪には関心がないため気がつかなかったのですが、ある日爪切りをしていて【なんか、爪が曲がっているな】とは思いました。

しかし痛くも痒くもなかったので放置していました。

季節は夏だったと思いますが、夏は素足にサンダルという格好で過ごしますので、その間におそらく巻いた爪が皮膚を突き破ったのでしょう、親指の先から出血して化膿し始めました。

それでも通院はせず自分で消毒するだけでしたが、ますます出血がひどくなりやがて皮膚がただれ始めて直径2センチくらいの肉塊が親指の先に出来ました。

そこでようやく近くの皮膚科に行ったのですが、そこでは治療できないと言われ、公立病院へ行きました。

その頃は痛みで足を引きずって歩かねばならないほどでした。

靴下も履けませんでした。公立病院の皮膚科では【これは切らなければだめですね】と言われ、その日と一週間後の計2回、電気メスで肉塊を切除する手術をしました。

麻酔無しで行われたのでとても痛かったです。

おかげで肉塊は取れ、しばらくすると痛みもなくなったのですが、巻き爪自体は直りませんでした。

小さな器具で爪を平らに伸ばす事も出来ると言われましたが、それはやらずにガーゼを丸めて爪と皮膚の間に入れることで矯正する事になりました。

しかし、億劫なので途中でやめてしまい、現在も巻き爪状態のままです。

幸いに以前のように皮膚が切れることはありませんが、つい最近左足の親指も巻き爪になっている事に気づきました。

靴が悪いのか、歩き方が悪いのか、原因は今でもわかっていません。

しかし以前のように肉塊が出来て痛い思いをしなくていいように、とりあえずは清潔な状態を保つようにだけはしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です